CSR

企業とは、誰のために存在するのでしょうか?誰によって支えられているのでしょうか?


有限会社NOUEN(以下当社といいます)は、企業とはさまざまなステークホルダー(お客様、株主・投資家、取引先の皆様、地域住民の方々、従業員など)のために存在し、支えられていると捉え、当社を支えていただいておりますステークホルダーに対する責任をはたすとともに、信頼される企業であり続けたいと考えております。


ステークホルダーの要求は、時代の流れ、社会環境の変化によって絶えず変わっていくものです。

当社はステークホルダーの要求の変化に気づくため、その本当に求めていることを実践するために、常にステークホルダーに目を向け、その視点にたって、変革を続けます。

ダーウィンの言葉に「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化に対応できる者である。」とあるように、変革をしない企業は生き残ることはできません。


しかし、一方で、企業には不変でなければならないものもあります。それは、経営の核となる企業理念です。
「企業理念を根底に、ステークホルダーの要望に迅速かつ的確に対応できるよう変革を遂げて行く。」これが当社のCSR活動です。

こうした考え方に基づいて、コンプライアンス順守、CSR調達の推進、環境への取組み、社会貢献活動などを進めることにより、当社は社会の持続的発展に貢献してまいります。