デジタルソリューション事業部

オフィスには文書、図面、各種データなど様々な文書情報資産が存在します。その保存形態も、紙、電子データ、

マイクロフィルムなど様々です。日々増え続けるこのような文書情報資産を効率的に管理し、有効活用できるシステムが、いま求められています。

当事業部はお客様の視点に立って、文書情報資産の最適な運用管理方法を提案しています。

当社の文書情報管理士が、お客様の業務内容、保有する文書の種類や利用・保管状況などを調査させていただき、

文書のライフサイクル全体を考慮したお客様に最適なファイリング方法を提案します。

 

文書情報管理士とは?
デジタル文書やマイクロ写真関連の専門的知識および実技的能力、コンピュータおよびネットワーク関連知識など、文書情報マネジメントに必要な技術と知識を有することを証明する資格で、(社)日本画像情報マネジメント協会(通称:JIIMA)が主催認定。
※官公庁では、この資格がマイクロフィルム撮影やスキャニング作業を委託する条件のひとつになっています。 

  • 業務内容、文書情報資産の種類・利用および保管状況等ヒヤリング
  • 法的証拠能力、e-文書法、個人情報保護法等への対応方法検討
  • 事例を踏まえての最適なファイリングシステムの提案(GISソリューションを含む)
  • データ仕様、作業方法の提案
  • サンプル作成、デモンストレーション(画質・容量・検索性等確認)
  • ファイリングシステム導入スケジュール作成
  • 原稿輸送方法および作業中の書類閲覧方法の検討
  • ファイリングシステム導入後の運用管理方法の提案

 

その他、名刺の作成・テープお越し・年賀状等の作成も対応しております。

 

お気軽にご相談ください。

TEL:03-6715-8785